求人の雇用形態を利用

求人の中にも雇用形態はいろいろあります。多くの人は正社員を1番に考えるのでしょうが、短期の派遣というのも場合によってはある言えます。それは、就職したい企業がある場合です。そこに正社員の求人に応募して採用されるのであればいいですが、外部の情報だけで本当にその企業がいいのかは不安があります。そこで派遣として働き、内部に入って情報得るということです。さらに働いていれば人脈もできるでしょうから、その企業に就職するには有利になります。正社員で働きたいとアピールしていれば、期間延長や正社員登用という道が開くかもしれません。企業としても、優秀でも全くわからない人より、能力や性格、考えを知っている人の方を、雇いたいのではないでしょうか。

短期契約の派遣求人について

派遣求人は、短期契約となっていることも多いですが、デメリットと感じる人は応募をひかえたほうがいいかもしれません。逆に、メリットと感じる人は積極的に応募してみましょう。例えば、3ヶ月の短期の契約であれば、3ヶ月経ったら失業してしまうとネガティブな印象を持つ人も多いでしょう。しかし、事情があって3ヶ月だけ働きたいという人には、むしろメリットのある求人に見えます。企業からしても、ポジティブな気持ちで働いて欲しいですから、労働者は、魅力を感じる仕事を探して、ポジティブな気持ちで働くように努力をしましょう。なお、3ヶ月の契約でも、契約が更新されることもあるということは覚悟しておきましょう。

↑PAGE TOP